石田徹也の世界 - 飛べなくなった人 - 石田徹也公式ホームページ

Top サイトマップ
 
石田徹也展実行委員会からのお知らせ
石田徹也展 - ノート、夢のしるし展

下記の日付にて開催が決定しました。

2014年4月12日(土曜日)~6月15日(日曜日)

会場:平塚市美術館

住所:神奈川県平塚市西八幡1-3-3

平塚市美術館ホームページ:http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/art-muse/

NHK 日曜美術館にて放映決定

NHK 日曜美術館にて下記の通り、放映が決定しました!

2013年9月29日(日曜日) 9:00 ~

2013年10月6日(日曜日) 20:00~ (再放送)

聖者のような芸術家になりたい

      ~絵に命を捧げた画家・石田徹也~

番組ホームページ:http://www.nhk.or.jp/nichibi/

「石田徹也ノート」販売開始

2013年9月 「石田徹也ノート」を販売開始します。

この書籍は、展覧会で話題となった、石田徹也のアイデアノートの初書籍版です。

9月より開かれます足利市立美術館展覧会の公式図書兼書籍として発行されます。

詳しくは、求龍堂ホームページから

石田徹也展 - 足利市立美術館にて

代表作『飛べなくなった人』他100点ほどの展覧会となります。

開催日:2013年9月7日(土)~10月27日(日)

会場:足利市立美術館

    栃木県足利市通2丁目14-7

足利市立美術館(外部リンク)

石田徹也は1973年に静岡県焼津市に生まれ、静岡県立焼津中央高校を経て、武蔵野美術大学を卒業後、東京にて精力的に絵画の発表を続けてきた。2005年5月に東京の町田付近にて踏切事故にあい、不帰の人となった。NHK「新日曜美術館」にて紹介後、多くの鑑賞者に衝撃を与えることとなった。

石田徹也の作品はキャンバスに石田個人の実生活からイメージした世界を描くが、描かれた世界は非現実な世界のように見える。けれども自らが選んだ自画像とも思える描写は日本の社会における個人の人権の尊さ、学校教育の問題、管理された日本の社会構造を痛切に批判し、人々の心の問題を表現している。少年の犯罪や児童殺害事件が社会問題になっている今日、石田徹也は弱者である少年や児童の心のよりどころを自己の問題として捉えて、絵画によって表現することで、現代人の心の奥底に潜む「痛みや悲しみ」を描いた。

「石田徹也全作品集」
求龍堂オンラインショッピング

「石田徹也遺作集」好評発売中。全国の書店かAmazonでのお買い物が便利。
社団法人企業メセナ協議会の認定を頂きました